<< 2019 年 12 月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4


 トップ > 知識ベース  備忘録のようなメモ書き集です。

無縁社会

社会と言う葉自体が人の繋がり、縁を表しているものですから、それを否定する無縁を社会の頭につけた無縁社会という言葉は、修辞矛盾を抱えた言葉だと考えています。このようなセンスのない言葉、別の見方をすればセンセーショナルな言葉がいつどこで使われ始めたのか、興味があります。

この言葉を日本で広く知らしめたのはNHKが2010年に放送した「報道プロジェクト・あすの日本」だったようです。その年のユーキャン新語流行語大賞のトップテンになったことからも、衝撃的な新語であったことが伺われます。授賞者はNHK「無縁社会」制作チームとなっています。受賞者の紹介ページ(http://singo.jiyu.co.jp/nendo/2010.html)にはこうあります。

今年多くの日本人を驚かせたのが「所在不明高齢者」の問題だったが、「家庭崩壊」が叫ばれるようになってすでに30年、孤独死は30代など若い世代にまで広がり、親と子のあいだで「児童虐待」はさらに深刻化している。この社会は「血縁」や「地縁」といった絆を失ってしまったのか。NHKによるそのキャンペーン報道は、悲しいことにタイムリーすぎる内容だったと言わざるを得ない。

無縁社会とは、人と人との繋がりが希薄になっていることを殊更に強調した言葉であるように思えます。極端でセンセーショナルに過ぎるきらいがありますので、私としては疎縁社会ぐらいが適当かと考えます。疎遠ではなく疎縁です。

縁の粗密を問題にした、「疎遠」に掛けた造語です。「縁が薄い」と言うように縁については濃い、薄いと表現すべきかも知れませんが、濃縁のうえんではノー縁に語感が通じますので、疎縁としたわけです。


(知識ベース)2011/01/07 11:07 コメント(4)

コマンドプロンプト
コマンドプロンプト

コマンドプロンプトから ipconfig コマンドを実行させることで、簡単にPCのIP アドレスを確認することができます。GUI(グラフィカルユーザインタフェース)が不要な場合、つまりテキストだけの入出力で済む場合は、コマンドプロンプトで十分です。MS-DOS の時代を思い出します。

コマンドプロンプトの設定

私は、コマンドプロンプトウィンドウのアイコンを MS-DOS アイコンに変更して使っています。ショートカットのプロパティウィンドウで、「アイコンの変更」ボタンを押下することで、いろいろなアイコンを選択できるアイコンの変更ダイアログボックスが表示されます。

また、プロンプトにパス名だけでなく、時刻も表示するように設定しています。ショートカットのリンク先である cmd.exe に引数"/K prompt $T$H$H$H $P$G"を渡すように設定します。cmd.exe の起動時に、prompt コマンドを実行させるための記述です。$T は時刻を表します。1/100秒まで表示されますので、$H でカーソルを1文字ずつ3文字戻します。$P はカレントパスを、$G は'>'記号を表しています。

環境変数の設定

prompt コマンドや ipconfig コマンドは、シェルコマンドとでも言えばよいのでしょうか、cmd.exe と一体化したコマンドなので、特別な設定をすることなく、そのまま実行できます。PHP プログラムのような別途インストールしたようなプログラムを、コマンドプロンプトから実行させるには、そのプログラムがどこにあるのか、検索パスを設定しておく必要があります。マイコンピュータアイコンを右ボタンクリックで、システムのプロパティ画面を表示させます。

検索パスの設定

「環境変数」ボタンを押下して、環境変数ウィンドウを表示させます。環境変数 Path が無ければ「新規」ボタンを、既にあれば、リストボックス中の Path 行を選択して「編集」ボタンを押下します。ユーザー変数の編集ダイアログボックスが表示されますので、変数名 Path に対応する変数値を設定します。複数のフォルダを、検索を行う順番にセミコロンで区切って、並べて記述します。私のPCでは、次のように設定されています。


Windows DOS/コマンドプロンプト辞典
C:\Documents and Settings\Masatoshi\My Documents;C:\Documents and Settings\Masatoshi\My Documents\Utils;C:\Program Files\xampp\perl\bin;C:\Program Files\xampp\php

最初がマイドキュメントフォルダ、次がマイドキュメントフォルダ内の Utils フォルダ、次が Program Files フォルダ内の Xampp フォルダにある perl フォルダ、最後に Xampp フォルダにある php フォルダとなっています。


(知識ベース)2010/08/05 15:21 コメント(3)

Smarty

ロゴ画像中に TEMPLATE ENGINE とあるように、Smarty はテンプレートエンジンの一つです。ウェブサイトでは、複数のページをコンテンツだけを入れ替えて同じレイアウトで見せることが、ユーザビリティの観点からよくあります。この場合、見せ方を規定するのがテンプレートです。Smartyは、このテンプレートとコンテンツを結合するエンジンの役割をします。

エンジンの使用手順です。まず、データソースからコンテンツを抽出加工するプログラム中に Smarty オブジェクトを宣言します。次に、そのオブジェクトを介して、コンテンツとなるデータをテンプレートに渡します。最後に、テンプレートを表示させます。Smarty は、PHP というプログラム言語で書かれているので、Smarty を使用するプログラムも PHP で書きます。記述例は次のとおりです。

require_once(SMARTY_ROOT . LIB_DIR . 'Smarty.class.php');
$smarty = new Smarty;

$smarty->assign('contents', 'この文字列がテンプレートに渡されます。テンプレートでは、{$contents}で参照されます。');

$smarty->display($template);

Smarty の本質的価値は、コンテンツの見せ方であるプレゼンテーションとコンテンツを集約するビジネスロジックを分けることで、前者をテンプレートデザイナーが、後者をプログラマーが担当するというように分業を可能にし、これにより開発/保守効率を高める点にあります。

PHP は <strong><?php</strong> と <strong>?></strong> で囲まれた内部をプログラムコードとして解釈し実行します。囲まれていない部分は、HTMLコードとしてそのまま出力されます。ひとつのスクリプトファイルにプレゼンテーションとビジネスロジックを簡単に切り替えて書くことを意図して作られた言語です。PHP 本来の特徴を生かすことで、わざわざ Smarty を使う必要がないのではないかという批評について、WIKIPEDIA http://en.wikipedia.org/wiki/Smarty で触れられています。no smarty というサイトも、Smarty の特徴を掴むうえで参考になります。


Smarty Php Template Programming And Applications

Smarty のドキュメントは日本語でも入手できます。私が初めて Smarty に触れたのは2006年、バージョンは 2.6.11でした。当時の公式サイトには、ドキュメントの日本語訳がありませんでした。でも、高木正弘さん、森川穣さん、亀本大地さん、松田晋介さんのご努力のお陰で、現在は日本語で Smarty のドキュメントを読むことができます。*1 *2 以下は、Smarty の公式サイト http://www.smarty.net/ からの引用です。

Japanese translation available!
[4-May-2007] The Japanese documentation is here! Thanks goes to Masahiro Takagi, Joe Morikawa, Daichi Kamemoto, and Shinsuke Matsuda for their hard work.


(知識ベース)2010/07/18 20:11 コメント(1)

XAMPP

XAMPP はウェブサーバーパッケージの一つです。特徴は無料で使えること。GNU General Public License のもとに公開されています。オープンソースです。また、Microsoft Windows、Linux、Solaris、Mac OS X 等、複数のプラットフォームで動かせるものとして、提供されています。主な構成は、Apache HTTP サーバー、MySQL データベース、そしてプログラム言語 PHP または Perl で書かれたスクリプトを解釈するインタプリターから成っています。

XAMPP の読み方はザンプまたはエグザンプのようです。私はどちらかというとグザンプと、エを聞こえないように読んでいます。

XAMPP の設計者は、ウェブサイトのデザイナーやプログラマーがインターネット接続をしないで作品をテストできるようにと、開発用に XAMPP を考えたようです。そのため、多くのセキュリティ機能が初期状態でオフになっていますが、XAMPPを公開サーバーとして使用するときには、セキュリティ面での設定変更が必要になるようです。

XAMPP は公式サイトAPACHE FRIENDSから入手できます。

以下は、http://en.wikipedia.org/wiki/XAMPPからの引用です。

XAMPP (pronounced /ˈzæmp/ or /ˈɛks.æmp/) is a free and open source cross-platform web server package, consisting mainly of the Apache HTTP Server, MySQL database, and interpreters for scripts written in the PHP and Perl programming languages.

XAMPP's name is an acronym for:
・X (meaning cross-platform)
・Apache HTTP Server
・MySQL
・PHP
・Perl

The program is released under the terms of the GNU General Public License and acts as a free web server capable of serving dynamic pages. XAMPP is available for Microsoft Windows, Linux, Solaris, and Mac OS X, and is mainly used for web development projects.

Officially, XAMPP's designers intended it for use only as a development tool, to allow website designers and programmers to test their work on their own computers without any access to the Internet. To make this as easy as possible, many important security features are disabled by default. In practice, however, XAMPP is sometimes used to actually serve web pages on the World Wide Web. A special tool is provided to password-protect the most important parts of the package.


(知識ベース)2010/07/16 23:59 コメント(0)