<< 2019 年 11 月 >>
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


 トップ > プログラミング > Sudoku  ナンバープレイスを課題にしたプログラム作りです。

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
2010/08/02 18:57
2. 数独の解法

数独の解法について考えてみます。一つの区画の九つのマス目には、1から9までの数字のどれかが、重複も抜けもなく入るという単純なルールから、次の解法が導き出せます。

  1. 各マス目に入る数字として、1から9までが候補となる。
  2. 区画内に数字の確定したマス目があるとき、確定した数字は、区画内の他のマス目の候補から外す。
  3. 候補の数が一つだけになったマス目があれば、そのマス目に入る数字が確定する。
  4. あるマス目の候補が複数あっても、複数の数字のどれかが区画内の他のマス目の候補にない場合は、そのマス目に入る数字が確定する。

C言語による最新アルゴリズム事典 (ソフトウェアテクノロジー)

解法2は、区画内のマス目には数字の重複がないことから導いたものです。解法3は、マス目には必ず数字が入ることから導いたものです。解法4は、区画内のマス目には1から9までの数字が抜けなく入ることから導いたものです。

上の解法は、手順として1、2、3、4と順番に実行していきます。3と4でマス目に入る数字が確定したら、2に戻って手順を繰り返します。このような手順の一連の流れを「アルゴリズム」と呼びます。この解法で、問題をどこまで解けるのか。実際にプログラムを作成し動かしてみることで、確認したいと思います。


(Sudoku) 2010/08/02 18:57

名前:
コメント:
投稿キー: ※右の文字列を入力してください。